「体験談」カテゴリーアーカイブ

清掃を依頼しました。

私の実家は大阪にあるのですが、仕事の都合上同居する事が叶わなかった母が亡くなりました。
父は既に他界しており、母には一人暮らしをさせてしまったのですが、淋しい思いをさせてしまったと後悔しています。
実家には、これから先住む予定がないので、葬儀をはじめ一通りのお見送りが終わった後に、家を売却する為に遺品整理を行いました。
しばらく帰っていなかった実家には、まだ生活感が残っており、私の子供の頃の思い出の品や慣れ親しんだ懐かしい品もたくさんあります。
これらを整理するとなると、かなりに日数が掛かると予想された為、大阪で遺品整理を請け負っている会社に、その手伝いを依頼しました。
不用品と思われる物、大きな荷物は回収をお願いし、その間に取って置きたい大事な品を私が整理、そうやって徐々に室内が広くなっていく寂しさを感じながらも作業は進んでいきました。
結局、遺品として、大事にしたい品として残ったのは、段ボール箱で約5箱程度、残りは回収、買取、更にこうした作業で疲れてしまったので、室内の清掃も業者さんにお任せする事になりました。
精神的苦痛を抱えながらの作業だったので、私自身あまり動けなかったと思いますが、業者さんの力を借りれた事で、無事に作業は完了しました。

大阪で行われた遺品整理の回収から学んだ事

核家族化が進み、誰にも看取られずに亡くなられる方が後を絶たない現状に、様々な取り組みが進みつつあります。
いつしか時代は、隣近所にどなたがお住まいなのかもわからない事が珍しくなくなり、それが快適とさえ思う風潮になって来ていました。
しかしこの頃のそういった現状を目の当たりにして、そういう事に疑問視する人が増えて、次第に時代は古き良き時代の頃の濃密なコミュニケーションを再び築くべく、動き出しているように見えます。
大阪のあるケースで行われた遺品整理の回収では、遺された物や状況から問題点を洗い出されて、これからに生かされていました。
何事も学ぶ姿勢は大切で、故人の残されたメッセージを重んじ、より良い社会と人間関係に是非ともそれらは生かされて欲しいと思いました。
これから先の未来は、コミュニケーション豊かな人間社会の下、人生の終焉は温かく望ましいものであればと思いました。

手際の良さ

ちょうどいいくらいの質のサービスを提供してくれる場所は、私たちの誰もが望むべき物でもあります。
遺品整理に見られる大阪の業者さんの回収の手際の良さは、確かに私たちの誰もがイメージしやすい部分があり、実際にどういうスタイルで利用するにせよ見事な面があります。
彼らはそれを昔から手馴れた仕事として行っており、実用化した技術として認めていました。
メンタル的にも非常にいい感じでまとまっている彼らのサービスは、私たちに理想の空間を取り戻す手伝いをしてくれます。
彼らは故人の残した物を的確に処分するノウハウを持っており、必要とあればかなり大型の機械や乗り物を用意できる実力があります。
それに関しては非常に独特な一面があるのです。
重要な働きをするこの手の業者さんは、非常に多くの面で魅力を持っています。
彼らがかもし出す雰囲気は特別な物で、これからどういう形で利用するにしても、それを肌で感じ取る事ができます。
この町はそれを可能にしてくれる場所です。