大阪で行われた遺品整理の回収から学んだ事

核家族化が進み、誰にも看取られずに亡くなられる方が後を絶たない現状に、様々な取り組みが進みつつあります。
いつしか時代は、隣近所にどなたがお住まいなのかもわからない事が珍しくなくなり、それが快適とさえ思う風潮になって来ていました。
しかしこの頃のそういった現状を目の当たりにして、そういう事に疑問視する人が増えて、次第に時代は古き良き時代の頃の濃密なコミュニケーションを再び築くべく、動き出しているように見えます。
大阪のあるケースで行われた遺品整理の回収では、遺された物や状況から問題点を洗い出されて、これからに生かされていました。
何事も学ぶ姿勢は大切で、故人の残されたメッセージを重んじ、より良い社会と人間関係に是非ともそれらは生かされて欲しいと思いました。
これから先の未来は、コミュニケーション豊かな人間社会の下、人生の終焉は温かく望ましいものであればと思いました。